医療法人社団 盛翔会 浜松北病院 〒431-3113 静岡県浜松市東区大瀬町1568 TEL 053-435-1111 FAX 053-433-2700

文字サイズの変更 文字のサイズを【小】に変更 文字のサイズを【中】に戻す 文字のサイズを【大】に変更
医療法人社団 盛翔会トップ「部門紹介・特色など」 トップ➡部門紹介➡診療技術部➡放射線科
部門紹介

診療技術部 (放射線科)

はじめに
技師5名で胸部や骨の写真でおなじみのX線撮影のほかにX線を使用して体の輪切りの画像を撮影するCT(GE製64列)検査、磁力とラジオ波を用いCTとは違った画像を得ることが出来るMRI(GE製1.5T)検査を行っています。 CTと同じX線を使用し、造影剤と言う薬を使って心臓の血管を見る心臓カテーテル検査等の検査を行っています。 その他には、X線で透視を行いながらする検査や血管撮影、骨密度測定、エコーを用いたFMD検査、IMT検査などを患者様の安心と安全を第一に考え、行っています。
  

このページトップへ戻る


放射線科 機器紹介及び検査紹介
@ 全身用コンピューター断層撮影装置(CT装置)

当院では、最新型全身用コンピューター断層撮影装置を設置しています。検査は、ベッドに寝ているだけで終了します。また、当院の装置は、 一回の撮影で同時に複数の輪切り像が得られる最新型ボリュームCTスキャナです。

GE製Optima CT660Pro
CT検査についてのお願い

この検査は痛みなどありません。検査を受けられる方は、ベッドの上で静かに横になっていてください。 なお、ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。
得られた輪切り像から下のような精密な立体像を作ることも可能です。

A 超伝導磁石式全身用MRI装置

MRI検査は強い磁石と特殊な電波の力により人体内部の構造を鮮明に見ることができる最新の 画像診断装置です。頭部領域の小さな疾患や整形外科領域、体幹部領域などの全身部位の診断に役立ちます。

MRI装置の特徴
検査はベッドに横になっているだけで体の向きをかえることなく、任意の断層撮影が可能です。造影剤なしでも血管撮影が可能といった特徴があります。
(検査によっては造影剤を使用する事もあります。)
GE製 1.5テスラMRIシステム Optima MR660

*MRI画像一覧*

MRI検査で不明な点や不安なことがありましたら、お気軽に放射線科までお尋ねください。
B 骨密度測定装置

当院では骨密度測定装置をPRODIGY Primo(GE製)を導入しています。 この装置では、最新の骨粗鬆症の診断基準(最も重篤な骨折が発生する部分)である腰椎・大腿部 (大腿骨頸部)の骨密度を一度に測定・診断出来るようになりました。
測定方法はDXA法(デキサ)と言い測定の精度が高く、測定時間も短く、放射線の被曝量もわずかで 済むのが特徴です。腰椎DXAは、骨量測定の標準方法として重視され、骨粗鬆症の診断、経過観察や治療効果の評価に広く用いられています。
当院の測定装置では、スマートファンビーム方式(マルチスライスDAX)の導入により、腰椎と大腿骨頸部の患者ポジションを変えることなく一気に測定出来ます。問い合わせは放射線科までお願いします。

C FMD(血管内皮機能検査)

血管の構造
検査機器

血管内皮は、血管の内側を覆っている一層の細胞です。この血管内皮細胞からは血管をしなやかに保つ物質が放出されています。 この機能が衰えると動脈硬化の進展が進むと言われています。さらに動脈硬化が進むと心筋梗塞、脳梗塞へとつながります。
検査方法は止血帯で腕をしめ、止血前と血流再開後の血管径の変化を超音波で調べる検査です。止血後に血流を再開させると、血流の刺激で、血管内皮細胞がしなやかな物質を放出します。 そのしなやかな物質は血管を拡張させますので、血管拡張の度合いを診ることにより、血管内皮機能が分かるのです。 検査時間は15分くらいです。


検査の様子

D IMT(頸動脈エコー)

動脈硬化の診断に頸動脈エコーが有効です。
エコー検査(超音波検査)によって、体の外から血管の中の状態を見ることが出来ます。 首の血管(頸動脈)は、脳や心臓の血管をうつす鏡です。頸動脈の動脈硬化が進んでいると、脳卒中や 心筋梗塞をおこす危険が高くなります。
動脈硬化の目印は頸動脈の壁の厚さ(IMT)です。動脈硬化は、血管の壁が厚くなることから始まります。 IMTを測定することによって、動脈硬化を早期に診断する事が可能です。
当院では、月曜・水曜の午後にIMT測定検査を行っています。検査時間は約30分程度です。
検査の際に痛み等全く伴いません。IMT測定検査についての疑問、質問等がございましたら内科スタッフ、 診療放射線技師までお問い合わせください。

動脈硬化の進み具合
検査の様子
E 血管撮影装置(アンギオ装置)

当院の血管撮影室には、最新型の血管撮影装置が設置されています。
この装置は、従来の血管撮影装置よりも少ないX線で鮮明な撮影が行え、心血管検査を主体に観察しますが、 一度に広範囲の検査が可能なので短時間で高精度の検査・治療が実現し、今後の治療計画にもお役立ていただけます。
検査はとても簡単で、患者様には不快感や苦痛を与えず安全かつ効率的に行うことが可能です。 くわしい検査内容は、医師へお気軽にお尋ねください。

*血管撮影装置*


検査画像一覧
左から左冠動脈、ステント内狭窄、心血管、下肢血管


紹介した機器・検査は当院で行っている検査の一部です。何か分からない事、疑問・質問等ありましたら、 放射線科窓口にお問い合わせください。


医療法人 盛翔会 浜松北病院
放射線科・直通 053-435-1118まで。
このページトップに戻る
看護部 糖尿病教室 北友会 高気圧酸素治療 睡眠時無呼吸症候群 院内保育園
医療法人社団 盛翔会 浜松北病院
  〒431-3113 静岡県浜松市東区大瀬町1568 TEL 053-435-1111 FAX 053-433-2700
  内科・循環器科 外科・消化器科 整形外科・形成外科 リハビリテーション科
小児科 脳神経外科 眼科 皮膚科 泌尿器科  歯科口腔外科
Copyright © SEISYOUKAI of Hamamatsu-kita-Hospital. All Right Reserved.
敷地内禁煙・院内での携帯電話禁止  交通情報と地図